Site-Live

Site-Live

タイプ
建設業向け
目的
着工→完成
メーカー名
株式会社建設システム
発注元
公共・民間

現場での立会検査が不要になる 遠隔臨場支援ソフト

SiTE-Liveとは

SiTE-Liveは国土交通省が定めた新しい監督・検査業務のスタイルで、ウェアラブルカメラ等の動画撮影用のカメラとWEB会議システム等を利用して公共工事の建設現場における「段階確認」「材料確認」「立会」を行うことです。Site-Liveは遠隔臨場に対応するための後押しをします。
受注者はスマートフォンがあれば、簡単操作で配信・録画が可能。発注者は建設現場で立ち会うことなく、PC上で確認できます。そのため、立会検査が不要になり、調整や移動時間の削減につながります。

株式会社建設システムホームページ参照

SiTE-Liveの特徴

  1. 遠隔臨場に特化した確認・管理
  2. アプリケーションとの連携で検査業務を効率化

1.遠隔臨場に特化した確認・管理

遠隔臨場の対象検査である「材料確認」「段階確認」「確認・立会」の各検査項目が管理できるので、受発注者双方の確認・管理が容易です。
また、遠隔臨場中に設計データとなる3Dデータの共有、工事に紐づいた録画データの共有、発注者側の配信先画面での資料の添付・閲覧など遠隔臨場に特化して業務負担の削減に繋がる機能を有しています。

2.アプリケーションとの連携で検査業務を効率化

SiteBoxから電子小黒板を転送することで、発注者は配信先画面で電子小黒板を確認しながら検査を行えます。検査映像は、クラウドで自動的に録画し、「KSデータバンク」に保存。さらに、工事情報共有システムと連携し、遠隔臨場 SiteLiveで登録した検査結果を発議書類に反映できます。

IT導入補助金対象商品

IT導入補助金に申請し採択されれば、購入費用の1/2(最大補助額450万円)で導入が可能です。
弊社で申請支援も行っておりますので、初めて申請する方もお気兼ねなくご相談ください。

また、商品のご相談・デモの依頼を承っております。
お問い合わせからお申込みください。

他の商品もIT導入補助金の対象商品がございます。こちらのリンク「IT導入補助金 対象商品一覧」よりご確認ください。