TREND-CORE

TREND-CORE

タイプ
建設業向け
目的
受注→着工
メーカー名
福井コンピュータ株式会社
発注元
公共・民間

簡単に施工現場を3D化!施工計画にもプレゼンにも3Dモデルをフル活用!

TREND-COREとは

TREND-CORE(トレンドコア)は、CIMモデルを構築し、建設・土木施工業務の高度化を支援するアプリケーションです。4D施工ステップによる施工手順の”見える化”やi-Constructionで利用する3次元設計データの作成が行えます。発注者や地元住民への合意形成を手助けするビューア出力にも対応しています。

福井コンピュータ株式会社 ホームページ参照

TREND-COREの特徴

  1. 3Dモデリングの活用
  2. 施工計画の効率化・高度化
  3. 優れたデータ連携

1.3Dモデリングの活用

発注図を取り込み、下図として3Dモデル作成に利用することができます。
平面図だけでなく、横断図も下図として、モデルの入力編集に利用することが可能です。横断図から形状をマウス指定することで、自動的に線形に沿って道路や側溝、法面などが配置できます。
また、点群データを読み込み、現況3Dモデルとして活用することができます。現況地形のモデリングが不要となるだけでなく、点群データと計画モデルを合成することで、既設構造物や仮設・重機との干渉、施工上の危険ポイントなどが把握でき、施工計画の高度化を支援します。点群データをスナップしてのモデル入力や計測も可能で、計測結果に基づいた3Dモデルの構築が、より正確かつ効率的に行えます。

2.施工計画の効率化・高度化

土木シュミレーション

線形と標準断面から道路形状の土工3Dモデルを一括作成し、仮設道路などの施工効率化や安全性を勘案した最適なルートの検討が行えます。線形は、平面・縦断ともにマウス操作により編集・調整ができ、現況地形への切土・盛土形状をリアルタイムに生成。「盛土量」「切土量」「切盛差分量」を平均断面法にて自動算出することで、適切な土量配分計画が可能です。ルート変更や擦り付けなど、詳細な計画検討を支援します。また、生成された3Dモデルは、EX-TREND武蔵への連携が可能で、従来の2D図面の作成が行え、発注者との協議資料に用いることができます。

ICT施工にも対応する3次元設計データの作成

ICT施工や計画土量算出、面的出来形管理など、“i-Construction”で利用する3次元設計データの作成が行えます。発注図書(平面図及び縦横断図)
をもとにデータ入力を行い、数値入力情報を比較する設計照査にも対応しています。

3.優れたデータ連携

【TREND-CORE】で計画したモデルを【TREND-POINT】で作成した現況点群に配置することが可能です。【TREND-POINT】と連携させることで、設計段階や工事着手前 における問題点の確認や、完成イメージの把握が大規模で高密度な点群データを用いて行えるようになります。

IT導入補助金対象商品

IT導入補助金に申請し採択されれば、購入費用の1/2(最大補助額450万円)で導入が可能です。
弊社で申請支援も行っておりますので、初めて申請する方もお気兼ねなくご相談ください。

また、商品のご相談・デモの依頼を承っております。
お問い合わせからお申込みください。

他の商品もIT導入補助金の対象商品がございます。こちらのリンク「IT導入補助金 対象商品一覧」よりご確認ください。